シェアハウスのメリットと魅力

最近、賃貸の新しい住居の形式として、注目を浴びているのがシェアハウスです。
広めのキッチンやリビング、水まわりなどの共有スペースと、住民分の個室を備えた共同生活が出来る住居です。
一人暮らしよりも、住民同士で助け合えるため寂しくなく、管理会社が入る分、通常のルームシェアよりも効率良く暮らせることがメリットです。
シェアハウスは新しい建物が多く、若い人達に人気の街を中心に展開しているため、家賃相場は通常の一人暮らし向けの物件と同等か、やや高いものが多くなっています。
それでも、一人暮らしでは無理な広い共有スペースやキッチン家電が使えたり、住民同士のコミュニティが魅力という点が若い世代に受けて、どんどん数を増やしています。
また、空き家問題や持て余されている建物の再生という方向からも注目されています。
古くてそのままでは利用価値の低いアパートや商業施設を、シェアハウスにリフォームして再生させ、街に活気が戻ってきたという例もあります。